審査官に「意味不明」と指摘された。

(Q)第36条第6項第2号の拒絶理由で、審査官に「意味不明」などと言われ、頭に来ます。審査官は本当に発明を理解してくれているのでしょうか?

(A)第36条第6項第2号は、審査官からの「提案」です。

 

第36条第6項第2号の拒絶理由は、発明や明細書が曖昧なままで特許になってしまうと、結局あなた(特許権者)が困りますよ、特許になる前に、明確にしておいた方がいいですよ、という審査官からの提案です。

 

審査官は、私的な感情で「意味不明」と言っているわけではありません。審査官は当業者(その業界で通常の知識を有する者)の立場で審査をしています。つまり、当業者の立場で「意味不明」と言っているのです。

 

たとえ審査官個人は技術的に理解できたとしても、当業者の立場ではやはり不明確という場合にも、第36条第6項第2号の拒絶理由を通知します。

 

本当に技術が理解できない審査官だったら、こうした第36条第6項第2号の拒絶理由は通知できません。ですから、ご質問のような心配は無用です。

  

ただ、あまりに明細書の書きぶりが悪くて、他の審査(進歩性の判断など)に支障が出るような場合、審査官も感情的になることが無いとは言えません。審査官も忙しいのです。このような場合、感情的な表現になることもあるかも知れません。これは敢えて言えば、今後はもっとちゃんと明細書を書いてくださいね、という「提案」 とも言えます。

 

第36条第6項第2号の拒絶理由は、基本的に、書き手のミスを審査官が是正してくれるありがたいものであるという姿勢で対応するのがよいと思います。

 

 

第36条第6項第2号について補正の示唆があった。この示唆に従えば、第29条第2項も同時に解消しますか?

(Q)第29条第2項と第36条第6項第2項の拒絶理由があり、第36条第6項第2号について審査官の補正の示唆がありました。この示唆に従えば、同時に第29条第2項も解消しますか?

(A)解消するとは限りません。

 

以前は、第36条第6項第2号について補正の示唆があるということは、(審査官がわざわざそうしてくれるのだから)その補正の示唆に従えば特許になる、ということが多かったです。

しかし最近の運用では、第36条第6項第2号については、積極的に補正の示唆をすることが奨励されています。内容によっては、補正の示唆を書かなければいけないケースもあります。このことは第36条第6項第2号の解消には非常に役立つといえます。しかし反面、補正の示唆に「特許になる示唆」という意味が薄れたともいえます。

補正の示唆があるからといって、第29条第2項についても同時に解消するとは言えませんので、第29条第2項については、ある程度別個に対応を検討した方がよいでしょう。

 

 

ブログパーツUL5

アクセスカウンター

このサイトの運営者が運営するブログ&HPはこちら

 

【楽しいホームページ】個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
http://www.patande.com/
【画期的な新サービス】最高品質・格安料金の実用新案申請代理<実案ドットコム>
http://www.jitsuan.com/
【画期的な新サービス】信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
http://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
http://blog.livedoor.jp/shinonomepat/
【本音モードのブログ】弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
http://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】Facebookページはじめました!より密な情報交換の場をご提供します。
www.facebook.com/shinonomepat